おすすめの埋没法で漫画のような瞳にチェンジ

目を閉じている女性

老け顔の原因を消去

横顔

シミは、紫外線によって生成されたメラニンが原因で発生します。そのため日ごろから日焼け止めの対策を徹底しておきましょう。またシミが出来てしまった場合は、病院でのレーザー治療などを行えば、綺麗に消すことが出来ます。

もっと見る

様々な方法で顔を小さく

手術

脂肪や筋肉が多いと、顔は大きくなります。そのため美容外科では、顔から脂肪を除去する脂肪吸引や脂肪溶解注射、筋肉の盛り上がりを減らすボトックス注射といった小顔整形がおこなわれています。また肌のたるみによってフェイスラインが広がるので、たるみを除去する高周波やレーザーや超音波による治療も効果的です。

もっと見る

手術のメリットと注意点

目元

まぶたに負担がかからない

腫れぼったいまぶたをいちいちメイクで二重にするのは大変です。テープやノリなどはまぶたに負担になりやすく、目元のたるみの原因になります。まぶたに負担をかけずに二重になりたい人におすすめなのが埋没法です。メスを使わずに二重を形成できるのが埋没法の大きな魅力です。埋没法をすることで、憧れの二重まぶたが自分のものになります。自然な二重になるので、テープを貼ったりノリを塗ったりする必要がなくなります。メイクが楽になるだけではなく、まぶたへの負担も減ります。埋没法は手術の料金も格安で、コスパの面でも優秀です。両目5万円前後でも手術ができます。一生メイクで二重を作り続けるよりもずっと経済的な負担が減ります。

手術をした後のケア

埋没法はメイクに頼らずに二重になりたい人におすすめの整形です。手術をするにあたっては、守るべきことがいくつかあります。手術後はまぶたを強く擦ったりしないことが大事です。特にクレンジングの際には注意が必要です。濃いアイメイクをするとクレンジングの時に負担がかかりやすいので、メイクはナチュラルにするのがおすすめです。腫れが引かない場合は、フェイスタオルに保冷剤や氷を入れた袋などをくるみ、まぶたにあてるのがおすすめです。腫れ具合については個人差があり、ほとんど腫れない人もいれば、1週間以上ひどく腫れる人もいます。手術の時に体に力を入れると腫れやすくなると言われています。なるべくリラックスして手術に臨むことをおすすめします。

脂肪でバストが大きくなる

バスト

ピュアグラフトは、自身の太ももやお腹などから採取した脂肪を注入する豊胸施術です。名古屋のクリニックでは、脂肪をきれいに洗浄して余分なものを排除してから注入していきます。なので、バストへの定着率が高く、自然な仕上がりになります。

もっと見る