様々な方法で顔を小さく|おすすめの埋没法で漫画のような瞳にチェンジ

おすすめの埋没法で漫画のような瞳にチェンジ

整形

様々な方法で顔を小さく

手術

脂肪や筋肉を少なく

顔には、脂肪や筋肉が多くついているのですが、その量が多すぎると、その分顔は大きくなります。そのため美容外科では、それらを減らすための様々な小顔整形がおこなわれています。具体的には、顔の脂肪は、脂肪吸引によって除去できます。顎やエラの下など、顔の外側の部分から2〜3ミリ程度の細いカニューレを通して、脂肪を吸い取っていくのです。また、脂肪を液状にすることで、リンパに乗せて顔から押し流していくという、脂肪溶解注射がおこなわれることもあります。一方筋肉は、ボトックス注射による治療で減らすことができます。この治療では、筋肉自体が少なくなるわけではなく、筋肉が収縮しにくい状態になることから、盛り上がりが少なくなるのです。いずれの小顔整形も、手軽な上に目に見えて顔が小さくなっていくことから人気があります。

肌のたるみを除去

中には、脂肪や筋肉がそれほど多くついていなくても、肌がたるんでいることから、顔が大きく見えてしまっているという人もいます。特に高齢になると、肌のたるみによって頬が垂れ、フェイスラインが下方向に広がりやすくなります。美容外科では、こういった場合の小顔整形もおこなわれています。肌のたるみが原因ですから、たるみの除去治療によって、引き締まった小顔にすることができます。具体的には、肌全体を高周波で温めたり、たるみが強く生じている箇所をピンポイントでレーザーや超音波で熱したりすることで、肌を収縮させるのです。引き締まることで小じわも解消されるので、この方法での小顔整形は、アンチエイジング治療としてもおこなわれています。